top of page

屋久島国際写真祭 x ヴィラ九条山コラボレーション企画展『post-』

YAKUSHIMA PHOTOGRAPHY FESTIVAL x Villa Kujoyama Collaboration exhibition “post-” 

KG+2024 main image.jpg

屋久島国際写真祭 x ヴィラ九条山コラボレーション企画展『post-』開催のお知らせ

 

京都市内各所で展開される多様な表現が地域と訪れる人々をつなげ、新たな発見や交流がうまれる「KG+」にて、今年も屋久島国際写真祭は展示参加致します。

今回は、関西日仏学館を開場に、ヴィラ九条山とのコラボレーション企画展となります。

日仏のアーティストによる異なる手法、メディア、視点が交差し、次へと繋がる展覧会に是非お越しください。

 

概要

会場:関西日仏学館 | Institut français du Kansai

展覧会名:屋久島国際写真祭 x ヴィラ九条山コラボレーション企画展『post-』

 YAKUSHIMA PHOTOGRAPHY FESTIVAL x Villa Kujoyama Collaboration exhibition « post » 

展示作家:苅部太郎、ローン・セローシ、渡部さとる、ジュリー・ヴァシェ | Taro Karibe, Laurent Seroussi, Satoru Watanabe, Julie Vacher

屋久島国際写真祭(YPF)共同創設者:アントナン・ボルジョー、千々岩孝道 | YPF Co-founder: Antonin Borgeaud, Kodo Chijiiwa

キュレーター:吉村卓海 | Curator: Takumi Yoshimura

共催:ヴィラ九条山、NPO法人屋久島国際写真祭 | Co-sponsorship: Villa Kujoyama, NPO YAKUSHIMA PHOTOGRAPHY FESTIVAL

​協賛:本坊酒造株式会社、縄文の宿まんてん | Honbo Shuzo Co.,Ltd, Jhomon no Yado Manten

協力:関西日仏学館、フォトプリ | Cooperation: Institut français du Kansai, PHOTOPRI

後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ | Support: Embassy of France in Japan, Institut français du Japon

オープン時間:4月13日ー5月11日の火曜日から土曜日 11:00-17:00 | Open: From Tuesday to Saturday from 4/13 to 5/11, 11h00-17h00

閉館日:日曜日(4/14の日曜日を除く)月曜日、4/28から5/6の期間 | Close: Sundays (except for Sunday April 14, opened 10h00-16h00), Mondays and from April 28 to May 6.

(*4/14:10:00-16:00までオープン)| (* Venue will open on April 14 from 10 am to 4 pm)

オープニングレセプション:同会場にて、4月13日18:00-20:00 (詳細はこちら

 

ヴィラ九条山は、フランスのヨーロッパ・外務省の文化機関です。アンスティチュ・フランセの支部の一つとして活動し、

主要メセナのベタンクールシュエーラー財団とアンスティチュ・フランセパリ本部の支援を受けています。

『post-』

我々が認識しているものとは一体何か。

言語学者フェルディナン・ド・ソシュールによれば、 人間は社会システムの影響を無意識の内に受けており、 言語の恣意性により認識の齟齬が生まれるとした。 概念的に日本語では”蝶・蛾”は区別されるが、フランス語では”Papillon”で統一される。 国や地域の差異によるこの認識の齟齬は、無意識の内に世界の見え方や思考に影響を与える。

文化相対主義を謳った文化人類学者レヴィ・ストロースは、 社会に優劣はなくルートの差異なのだと言った。 一見、合理的には見えない文化・風習であっても、 そこには緻密な体系を持った知的フレームワークが存在する。 世界を分類し、秩序を与え、厳密な論理性を備えた”ブリコラージュ”なのだと。

社会は無意識的な構造とその関係性によって構成され、それは普遍で多様である。

本展示会は日仏4名のアーティストが、 それぞれ風土から培われた”感覚” ”認知” “概念”を用いて創造した作品を アメーバのようにブリコラージュした。 空間がもたらす高次的且つ球体的な思考により、 “post-“の洞察のための機会となる事を願っています。

「”post”とは既に提起された一連の問題群の上で思考し続けることである。」 文化研究者スチュアート・ホール

大きな物語は終焉を迎えた?

 

FRANÇAIS

"post-"

De quoi sommes-nous conscients exactement ?

 

Selon le linguiste Ferdinand de Saussure, l’Homme est inconsciemment influencé par la société, et le caractère arbitraire de la langue crée des différences de perception. En japonais, les mots « papillon » (蝶, chō) et « papillon de nuit » (蛾, ga) sont distincts, alors qu'en français, on les désigne par le même terme « papillon ». Ce décalage de perception dû aux différences culturelles influence inconsciemment notre façon de voir et de penser le monde. 

 

L'anthropologue Levi Strauss, qui prônait le relativisme culturel, affirmait qu'il n'y a pas de supériorité ou d'infériorité entre les sociétés, mais des différences dans les itinéraires des sociétés. Même les cultures et les coutumes qui ne semblent pas rationnelles à première vue sont inscrites dans un cadre intellectuel précis. C’est un « bricolage » avec une logique rigoureuse qui catégorise et organise le monde.

 

La société est composée de structures inconscientes et des relations entre elles, universelles et diverses.

 

Cette exposition présente des œuvres bricolées comme des amibes, créées par quatre artistes japonais et français, chacun utilisant les sens, les perceptions et les concepts cultivés dans leur pays d'origine. Nous espérons que cet espace de réflexions offrira un aperçu des idées « post ».

« ‘Post-’ » permet de continuer à réfléchir sur un ensemble de problèmes déjà soulevés. » (Stuart Hall, sociologue, chercheur spécialiste des théories culturelles)

 

La grande histoire est-elle achevée ?

 

English

"post-"

 

What exactly are we aware of? 

 

According to the linguist Ferdinand de Saussure, humans are unconsciously influenced by the society and the language arbitrariness creates discrepancies in perception. In Japanese, "butterfly" and "moth" are conceptually distinct, but in French, "papillon" is used as a unifying term. This discrepancy in perception due to cultural differences unconsciously influences the way we see and think about the world.

 

Cultural anthropologist Levi Strauss, who advocated cultural relativism, said that there is no superiority or inferiority between societies, but differences in the routes of the societies. Even cultures and customs that do not appear to be rational at first glance have an intellectual framework with a precise system. It is a "bricolage" that categorizes and orders the world with rigorous logic. 

 

Society is composed of unconscious structures and their relationships, which are universal and diverse.

 

This exhibition presents works put together like amoebas, created by four artists from Japan and France, each using the "senses," "perception," and "concepts" that they have cultivated from their native lands. We hope that this space will be an opportunity for insight into "post-" ideas.

 

"Post-" keeps us thinking on a set of questions already raised.” (Stuart Hall, cultural researcher.)

 

Has the Big Story come to an end?

展示作家ウェブサイト | Artist Website

苅部太郎 | Taro Karibe  https://www.tarokaribe.com/

ローン・セローシ | Laurent Seroussi. https://www.laurentseroussi.com/

渡部さとる | Satoru Watanabe. http://www.satorw.com/

ジュリー・ヴァシェ | Julie Vacher  https://julievacher.com/

KG+公式ウェブサイト | KG+ Official Website  https://kgplus.kyotographie.jp/

Plan de travail 3_edited.jpg
Plan de travail 3.png
Plan de travail 1.png
Horizontal_Yellow (1).png
Photoprilogo.png

​報告書 After report

屋久島国際写真祭展
YPF Exhibition KG+2023
HUB-接点 

20230328_KG+2023_insta(1).jpg

NPO法人屋久島国際写真祭は、2023年4月12日(水)~5月14日(日)の間、KYOTOGRAPHIE サテライトイベント KG+ に参加いたします。

 

屋久島国際写真祭展 YPF Exhibition KG+2023

HUB - 接点

 

会期:2023年4月12日ー5月14日

会場:Karimoku Commons Kyoto

住所:〒604-8182 京都府京都市中京区大阪材木町685−2

展示作家: Mauro Mongiello、柏田テツヲ

主催:KG+

共催:NPO法人屋久島国際写真祭

協力:Anker JAPAN株式会社、平安伸銅工業株式会社、屋久島八万寿茶園、TAREL、PARADI、本坊酒造株式会社屋久島伝承蔵

協賛:SANKARA HOTEL&SPA屋久島、THE HOTEL YAKUSHIMA、屋久島八万寿茶園、まつばんだグループ

 

OPENING PARTY|オープニングパーティー


日時:2023年4月12日 17:00-20:00
会場:Karimoku Commons Kyoto
入場:無料、飲食は随時キャッシュオン制
お問い合わせ先:ypf.photos@gmail.cpm

Karimoku Commons Kyoto を会場に、京都市からはワインバー「TAREL」によるワイン、兵庫県城崎から「PARADI」による軽食をご用意しオープニングパーティーを開催いたします。

ドリンクを片手に、木の温かさを感じるkarimoku Communs Kyotoの家具と、屋久島で制作された日仏の作家による写真による対話を楽しみ、コミニケーションが生まれる場を創造します。

皆様のご来場お待ちしております。

 

詳細はこちら:https://kgplus.kyotographie.jp/exhibitions/2023/ypf/

 

(ENGLISH)

The NPO Yakushima Photography Festival will participate in the KG+ satellite event of KYOTOGRAPHIE from April 12th (Wed) to May 14th (Sun) in 2023.

 

▪️YPF Exhibition KG+2023 

HUB - 接点

Period: April 12th - May 14th, 2023

Venue: Karimoku Commons Kyoto

Address: 685-2 Osaka Zaimoku-cho, Nakagyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 604-8182

Exhibiting Artists: Mauro Mongiello, Tetsuo Kashiwada

Organized by: KG+

Co-organized by: NPO Yakushima International Photo Festival

Supported by: Anker JAPAN Corporation, Heian Shindo Kogyo Corporation, Yakushima Hachimanjyu Tea Garden, TAREL, PARADI, Honbo Shuzo Corporation Yakushima Densho-kura

Sponsored by: SANKARA HOTEL&SPA YAKUSHIMA, THE HOTEL YAKUSHIMA, Yakushima Hachimanjyu Tea Garden, Matsubanda Group

 

▪️OPENING PARTY

Date and Time: April 12th, 2023, 17:00-20:00

Venue: Karimoku Commons Kyoto

Admission: Free, food and drinks available for purchase

Inquiries: ypf.photos@gmail.com

 

At the Karimoku Commons Kyoto venue, we will hold an opening party with wine from the wine bar "TAREL" in Kyoto and light meal from "PARADI" in Hyogo. Enjoy the dialogue between furniture made of warm wood at Karimoku Commons Kyoto and photographs by Japanese and French artists created in Yakushima while holding a drink, and create a space for communication to emerge.

We look forward to seeing you at the event.

For more details, please visit: https://kgplus.kyotographie.jp/exhibitions/2023/ypf/

「HUB - 接点」 

民族的、文化的にも異なる"日本"と"フランス"のアーティストが、それぞれの「美学」をもとに屋久島という限定された空間から引き出されたイメージによる対話を試みる。

 

屋久島国際写真祭 YAKUSHIMA PHOTOGRAPHY FESTIVAL (YPF)は屋久島でのアーティストインレジデンス(滞在制作)のプログラムを設けており、2017年レジデンス作家  Mauro Mongiello | マウロ モンジエーロ氏(仏)、2022年レジデンス作家 Tetsuo Kashiwada | 柏田テツヲ氏(日)、両者による制作作品は、独自の視点と感性により異なったものでありながら、屋久島という共通のフィールドである事から繋がりが見られる。

 

人工美を優位においたヘーゲル

自然美を優位に置いたカント

 

17 世紀から18世紀のフランスにおいて議論を重ねられてきた美に対する比較は未だ結論は出ていない。

人の暮らしの足跡を捉えたマウロ氏、自然との共同作業を試みた柏田氏。

 

異なる作家が紡いだイメージによる対話から、新たな視点や気づきが生まれる事を望んでいる。

 

「木とつくる幸せな暮らし」を目指し、新たなコミュニケーションの場を提供する Karimoku Commons。

「分かり合う、分かち合う」共有する喜びを、写真を通して活動する屋久島国際写真祭。

人と人が出会うことで生まれる新たな可能性を望む両社によるコラボレーション企画展。

 

展示作家

マウロ モンジエーロ Mauro Mongiello

sofiamauro.com

 

柏田 テツヲ Tetsuo Kashiwada

tetsuokashiwada.net

「HUB - 接点」 

 

 

Artists from Japan and France, two ethnically and culturally disparate countries, will be engaging in artistic dialogue, drawing on their imagination in the limited boundaries of Yakushima and their respective aesthetic conceptualizations.

 

The Yakushima Photography Festival (YPF) has established an artist-in-residence program based in Yakushima that welcomed resident creators Mauro Mongiello (France) in 2017 and Tetsuo Kashiwada (Japan) in 2022. The artistic productions of these two creators are imbued with their unique perspectives and sensibilities, and are linked by their connections with Yakushima. 

 

Hegel’s philosophy of art places artistic beauty above all else; Kant’s philosophy of art places natural beauty above all else.

 

The debate regarding comparisons of different types of beauty began in the 17th and 18th centuries in France, and to this day, there has been no definitive conclusion. 

Mr. Mongiello’s creations capture the footprints of human civilization, while Mr. Kashiwada aims to work together in harmony with nature to produce his creations.

 

Through this artistic dialogue based on different artistic conceptualizations by two different creators, it is hoped that new perspectives and realizations can be brought to life.

 

Karimoku Commons provides a new space for communication as it aims to become a place where people can lead happy lives in harmony with nature. 

 

Through the medium of photography, Yakushima Photography Festival shares the joy of understanding and sharing with all comers. 

 

This is a themed exhibition brought to life through the collaboration of two companies that aim to bring about the birth of new possibilities through encounters between different people.

 

Exhibited artists

 

Mauro Mongiello

sofiamauro.com

 

Tetsuo Kashiwada

tetsuokashiwada.net

第4回屋久島国際写真祭報告書 CLOSING REPORT OF 4TH YPF

スクリーンショット 2022-12-23 9.28.40.png

YPF PHOTO AWARDS 2022

YPF-2022award_2000x2000-01.jpg

Designed by Cleoburo 

予想を遥かに超えるアーティストの方々から、多くのご応募を頂き有難うございました。

国内外にて活躍される写真エキスパートによる厳選なる審査の結果、選ばれました最優秀賞者並びにファイナリストを発表いたします。

-

Thank you very much for the many submissions from artists who far exceeded our expectations.

YPF are pleased to announce the Grand Prize winners and finalists, who were selected after a rigorous selection process by a panel of photography experts from Japan and abroad.

-

YPF PHOTO AWARDS 2022最優秀賞

​柏田 テツヲ | Tetsuo Kashiwada

YPF PHOTO AWARDS 2022ファイナリスト

Takehito Ashizawa、オカモト ヨシ、高橋 由衣、小池 貴之、半田 哲平(以上5名・順位不同敬称略)

YPF PHOTO AWARDS 2022 最優秀賞

Title: Message

Photographer: 柏田テツヲ Tetsuo Kashiwada

Web: https://www.tetsuokashiwada.net

Statements:

温暖化の影響で世界の至る所で過去に類を見ない森林火災が発生している。

気温が上昇し氷山が溶け出し海面が年々上昇している。

気候変動をはじめとした地球環境に関する ニュースを見ない日はないほど私達のすぐ側まで危機が近づいているのを実感する。

何か今までとは違うことが起こり始めている。

いったい地球はどうなってしまうんだろうか。

うまくハマっていたパズルたちが抜け落ち、何か地球から私たち人間に向けてメッセージを発信しているのではないだろうか?

このプロジェクトは私が感じた温暖化による地球からのメッセージを写真を通してビジュアル化したシリーズ。

私は自然と人間の関係性を問いていきたい。

-

Due to the effects of global warming, unprecedented forest fires have been raging all over the world.

The daily global news on the environment such as climate change makes us realise that the crisis is much closer to us than we thought.

Something different is starting to unfold. The puzzle pieces that once nicely fitted together are now falling out, and could it be that the earth is sending a message to us, humans?

This project is a series of photographs that visualize what I felt is the message from the earth due to global warming.

I want to question the relationship between nature and humans.

​©︎Tetsuo Kashiwada

S__92995587_0_edited.jpg

​©︎Tetsuo Kashiwada

作家プロフィール | Profile

​柏田 テツヲ | Tetsuo Kawashida

特徴的で現代的な写真表現を用いながら人間と自然の関係性を問いかけ、見る側に気づきの場を与え、気候変動や地球温暖化といった環境問題に対する自身の考えを作品を通して発表している。

1988年 大阪府出身
受賞歴2019年 第42回写真新世紀 佳作 サンドラ・フィリップス氏選2020年 第43回写真新世紀 佳作 瀧本幹也氏選、2021年  JAPAN PHOTO AWARD 受賞 Charlotte Cotton / Mutsuko Ota 選

Using distinctive and contemporary photographic expression, Tetsuo Kashiwada questions the relationship between humans and nature, providing the viewer with a place of awareness, and presenting his own thoughts on environmental issues such as climate change and global warming through his works.

Born in 1988 in Osaka
Awards2019 The 42nd New Cosmos of Photography, Honorable Mention, selected by Sandra Phillips, 2020 The 43rd New Cosmos of Photography, Honorable Mention, selected by Mikiya Takimoto, 2021 JAPAN PHOTO AWARD, selected by Charlotte Cotton / Mutsuko Ota

-

 コメント | Comments

-

この度、屋久島国際写真祭(YPF)は2022年度の写真賞を決定しました。
京都国際写真祭共同創設者・共同ディレクターのルシール・レイボーズ氏と仲西祐介氏、La Gacillyの展示キュレーター・創設者のシリル・ドルーエ氏とジャック・ロシェ氏、屋久島国際写真祭のアートディレクターであるクレオ・シャルにより満場一致で柏田テツヲ氏の「MESSAGE」シリーズを選びました。

柏田テツヲ氏は、特徴的で現代的な写真表現を用いて人間と自然の関係性を問いかけ、私たちに気づきの場を与え、気候変動や地球温暖化に対する行動を促します。

屋久島国際写真祭のアイデンティティは、生物多様性の聖地である屋久島にあります。
私たちは、あらゆる側面における多様性は「循環の停滞」を防ぎ、新しい視点や発想を育むと考え、今年も環境活動家プロジェクトを表彰することにしました。

審査員は、柏田テツヲ氏の作品の写真祭のコンセプトに対する美しい作品の妥当性と全体的な一貫性に魅せられ、感銘を受けました。

柏田テツヲ様、YPF PHOTO AWARDS 2022 最優秀賞受賞おめでとうございます。

YPF 共同創設者 アントナン ボルジョー・千々岩 孝道

-

The Yakushima photography festival is pleased to announce the awarding of its 2022 prize.
The jury composed by Lucille Reyboz and Yusuke Nakanishi for Kyotographie, Cyril Drouet and Jacques Rocher for La Gacilly, and Cléo Charuet Artistic Director of YPF, unanimously selected the serie "MESSAGE" by Tetsuo Kashiwada.

Tetsuo Kashiwada with a singular and contemporary photographic writing, gives warning and pause to reflect to climate change and the urge to acte for global warming.
Tatsuo questions the relationship between humans and nature, he thus participates in the essential awareness that must be raised for things to change.

YPF anchors its identity in the island of Yakushima, a world sanctuary for biodiversity.
YPF believes that diversity prevents the 'stagnation of circulation' in all perspectives and fosters new perspectives and ideas, therefore it is with great pride that we award this year an environmental activist project.

The jury was seduced and impressed by the aesthetic relevance and general coherence of Tetsuo Kashiwada’s work.

Congratulations to Tetsuo Kashiwada!

-

YPF PHOTO AWARDS 2022

主催:NPO法人屋久島国際写真祭

協力:Cleoburo, 一般社団法人KYOTOGRAPHIE, Festival Photo La Gacilly, Hokkaido Photo Festa, 一般社団法人日本アート教育振興会, Galerie MONSTRE, Guesthouse MANMARU

機材協力:株式会社シグマ

YPF Annual schedule 2022

20220401_A2フライヤー-2.jpg

Designed by Takumi Yoshimura

YPF selection exhibition KYOTOGRAPHY Machiya 2022

日時:2022年4月9日〜5月8日

会場:八竹庵

住所:〒604-8205 京都府京都市中京区三条町340

参加作家:渡部さとる・マウロ モンジエーロ・フレデリック レイヤー・駒瀬由宗・トム ブシェ・大野雅人・吉村卓海・長谷川 冬樹・アントナン ボルジョー・千々岩孝道

在廊予定日:2022年4月9日〜4月10日

主催:NPO法人屋久島国際写真祭

協賛:株式会社PHOTOPRI

​協力:一般社団法人KYOTOGRAPHIE、M1997、HOKKAIDO PHOTO FESTA、一般社団法人日本アート教育復興会

問い合わせ:Kyotographie事務局、TEL +81 (0) 75 708 7108、FAX +81 (0) 75 708 7126、

〒602-0898 京都市上京区相国寺門前町670番地10

Period:09/04-08/05 2022

Venue:Hachikuan

Address :340 Sanjo-cho, Nakagyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 604-8205

Photographer:Satoru Watanabe, Mauro Mongiello, Fredric Layre, Yutaka Komase, Tom Bouchet, Masato Ono, Fuyuki Hasegawa, Antonin Borgeaud, Kodo Chijiiwa

Scheduled date of residence:09/04-10/04 2022

Sponsorship: PHOTOPRI Ltd

Contact: Kyotographie office,TEL +81 (0) 75 708 7108、FAX +81 (0) 75 708 7126、670-10 Shokokujimonzen-cho, Kamigyo-ku, Kyoto, 602-0898, Japan

0G0A4004x.jpg

©︎YPF

0G0A3983x_150dpi.jpg

©︎YPF

LINE_ALBUM_20220410_220410_7.jpg

©︎YPF

LINE_ALBUM_20220410_220410_8.jpg

©︎YPF

bottom of page